空の空日記

ミニマリスト主婦のひとりごと

楽に生きられるようになってきた

f:id:minimalist_kuu:20200711075926j:plain

 

今日もメロンの朝ごはん。

 

幸せな一日の始まりです。

 

今日は土曜日ですが、また旦那さんは在宅勤務です。

 

昨日の夜知らせてくれたので、今回は心の準備ができていて、パニックにならずに済みました。

 

旦那さんがいても、いつものルーティンを過ごせるように頭の中で計画してます。

 

旦那さんが朝ごはんを食べ終わる前に、書斎だけ掃除を済ませておくとか、

 

私がお茶を淹れる時は、旦那さんにはハーブティーを淹れようとか、

 

考えておくと、いつものルーティンを過ごせて、気が楽です。

 

面倒くさい人だと思いますか?でも私にはこれが一番落ち着きます。人それぞれですね。

 

f:id:minimalist_kuu:20200711091529j:plain

 

いつものようにお茶をして、少し本を読んで、英語の勉強に入ります。

 

今は「異邦人」を読んでいます。「私の100冊」に入っている本で、何度も読み返すお気に入りです。

 

今年は綺麗なブックカバーで、つい買ってしまいました。

 

異邦人 (新潮文庫)

異邦人 (新潮文庫)

  • 作者:カミュ
  • 発売日: 1963/07/02
  • メディア: 文庫
 

 

若い頃、「異邦人」の舞台であるアルジェに行ってみたかったのですが、入れなくて、隣のチュニジアに一人で行ったことがあります。

 

今考えると、無謀だなと思うのですが、その頃は怖いもの知らずでした。

 

懐かしい思い出です。

 

f:id:minimalist_kuu:20200711114211j:plain

 

お昼ごはんは、今年初無花果。

 

パイナップルと迷ったのですが、無花果大好きだし、たまにはいいかなと思い買ってみたのです。

 

結果…、パイナップルにしておけばよかった…

 

まだ時期が早かったですね。熟してなかったし。

 

こういう時、やっぱりいつものがいいなと思うのです。

 

いつものだと、失敗がないし、毎回幸せを感じられるから。欲張りなのかもしれませんね。

 

でも、こうしてたまに変えてみると、「いつもの」の良さを再確認できるので、また元に戻れるのです。その繰り返しで生きています。

 

今日は皆家にいるというのに、それぞれ計画があるようで、お昼ごはんの時間はバラバラでした。

 

一緒にいても、人に合わせずに好きなように過ごせるというのもいいものです。

 

f:id:minimalist_kuu:20200711153507j:plain

 

午後の瞑想も、気持ちよく静かに落ち着いてできました。

 

雨が止んで風が入って最高だった。

 

最近、家族に気を使わないで過ごせるようになってきた自分を実感しています。

 

とても楽です。どうして以前はあんなに苦しかったのだろうと不思議なくらいです。

 

一人で空回りしていただけかもしれません。

 

きっと手放す生活のおかげですね。

 

これからももっともっと楽に生きようと思います。

 

  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ