空の空日記

ミニマリスト主婦のひとりごと

気付いたら身近にいた凄い人

f:id:minimalist_kuu:20200615093303j:plain

 

久しぶりに晴れて、体の調子がいいです。

 

梅雨時はやはり体調の悪い日が続きますから。

 

日曜日は、「のんびりする日」と決めて、あまり家のことをしないようにして、好きなことをして過ごすのですが、昨日は絶不調で、横になってばかりでした。

 

f:id:minimalist_kuu:20200615094437j:plain

 

それでも英語の勉強はなんとかやりました。

 

素敵なスタンドのおかげではかどります。

 

昨日、ランチに家族でビュッフェに行ったのですが、食べながら旦那さんに聞いてみました。

 

「何年続けたら、旦那さんみたいにペラペラになるの?」(←実際には○○さんと名前で呼んでいます)

 

「6年目には会議で自分の意見がスラスラ言えるようになるよ。」

 

サラッと答えた旦那さん。

 

「…ろ、6年?…」

 

えー!無理無理無理無理…

 

「DUO」を6年も続けるなんて無理だー、と言葉を失いました。

 

あ、6年目ってことは5年続けるということですね。そういえば、何でも5年続けると身に付くと聞いたことがあります。

 

私の場合は、会議で意見を言う必要はないから、もっと短くしても大丈夫かな…

 

と、ちょっと弱気になっております。

 

それにしても、旦那さんって凄いわ、と昨日は改めて尊敬してしまいました。

 

そして、よく観察してみると、旦那さんは毎日のルーティンを決して崩すことなく、黙々と日々の生活を送っています。

 

結婚したばかりの頃には想像もつかなかったくらい、今は仕事も大きくなっているし。

 

やはり、毎日コツコツ続けると、凄いところに行けるのかもしれない。

 

私も行ってみようか。私には私の世界で、凄いところがあるかもしれない。

 

最近、家族以外に誰にも会っていなくて、正直なところ、刺激が足りないなと思い始めていたのですが、

 

こんな身近にお手本がいるじゃないか、と気付きました。

 

今日からまた新鮮な気持ちで暮らせそうです。

 

旦那さん、ありがとう。

 

今日は旦那さんの部屋をピカピカに掃除しようと思います。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ