空の空日記

ミニマリスト主婦のひとりごと

大切な思い出、自信を持って手放します。

f:id:minimalist_kuu:20200220091004j:plain

 

コーヒーをたっぷり淹れてちょっと休憩。

 

最近、コーヒーは一日一杯だけになったから、たっぷり淹れてもいいかな。

 

今朝はなんだかとっても気分爽快です。

 

朝からサクサク動ける。

 

何故だろうと思ったら、

 

昨日、果物だけで過ごしたからだ!と気付きました。

 

やっぱり果物が合っています。

 

果物だけの日をもっと増やしてみようかな。まだ早いかな…もう少し考えよう。

 

今日は午後からバイトなので、朝からやることがたくさんあったのですが、テキパキとこなしたので、時間ができました。

 

そんな時は、手放すものを探します。

 

今日みたいに爽やかな気分の時は、思い出を手放しやすいです。

 

今日はすごく長く残していた思い出を、「ありがとう」とサヨナラしました。

 

カード入れに使っている小さなポーチの中に入っています。

 

f:id:minimalist_kuu:20200220101527j:plain

  

この中には使っていないカードとかもあるので、それも手放したいのですが、色々手続きが面倒で後回しになっています。近いうちに手放そう。

 

今日、手放したのはこちら、

 

f:id:minimalist_kuu:20200220092421j:plain

 

大切な人からのお手紙です。

 

頂いたのはもう14、5年前で、マレーシアに住んでいた時です。

 

学生の頃から9年間銀座で接客のバイトをしていました。

 

その店のオーナーからのお手紙です。

 

私より26歳年上の女性で、私の尊敬する人でもあり、恩人でもあります。

 

バイトの帰りにいつも美味しいものを食べに連れて行ってくれたり、旅行にも連れて行ってくれたり、散々お世話になりました。

 

銀座でお店をするくらいですから、話の内容が本当にすごいのです。勉強になることばかり。

 

そして、私が人生の中で一番のどん底にいた時に、何も聞かずに手を差し伸べてくれた命の恩人です。

 

そんな彼女から、お店をやめてマレーシアに行った時に、一度だけちゃんとした手紙を頂いたのです。

 

その中に、私に対する感謝の言葉が綴ってありました。

 

お世話になっていたのは私の方なのに、私にお店を助けられたとお礼を言われました。

 

すごくびっくりしました。それまで誰かに感謝されたことなかったですから…

 

私でも人の役に立ってたんだ…

 

 それ以来、小さく畳んでずっと手放さずに持っていました。

 

オーナーとはなかなか会えませんが、たまに贈り物を頂いたりしています。

 

手放せなかったのは、きっと自分に自信がなかったから。

 

今でも全然自信はないのですが、何かに頼らなくても大丈夫という気持ちは日に日に大きくなっています。

 

もう手放しても大丈夫。自信を持って、と自分に言い聞かせてみます。

 

そして、とうとう手放しました。

 

大丈夫みたいです。

 

今まで、ありがとう。

 

とても爽やかです。

 

オーナーに会いに行きたい気分です。

 

  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ