空の空日記

ミニマリスト主婦のひとりごと

クリスマスは普通の日

f:id:minimalist_kuu:20191224183827j:plain

 

クリスマスイブですね。

 

皆さんパーティーとかするのでしょうか。

 

ごちそうを食べたり、プレゼントあげたりするのかな。

 

うちはクリスマスは普通の日です。

 

f:id:minimalist_kuu:20191224183838j:plain

 

いつもの朝ごはん。

 

 

結婚してから一度もクリスマスを祝ったことがありません。

 

たまに息子さんがおじいちゃんからプレゼントをもらったりしていましたが。

 

息子さんが小さい時から、「お母さんは魔法使い」をずっと通してファンタジーな育児をしてきましたが、クリスマスは何もしていない。

 

可笑しいですね。

 

何故かイベントが苦手なのです。

 

ちょっと盛り上がるのは誕生日くらいです。

 

息子さんが赤ちゃんの時から、七五三とか、こどもの日とか、クリスマスとか何もしませんでした。

 

たまにケーキとか食べたかもしれませんが、以前は普段からケーキは食べていたので普通の日扱いでした。

 

赤ちゃんの頃はマレーシアにいたし、障害があって普通の育児ではなかったので、クリスマスどころではなかったというのもありますが。

 

クリスマスをスルーして育児をするとどうなると思いますか?

 

小さい時はサンタさんを信じて、小学校高学年になると「親がサンタさんだった」と気付いたりしますよね。

 

息子さんは小学生になって、周りの影響で、「どうやらクリスマスというものがあるらしい」と知ったようで、

 

「クリスマスにサンタさんがプレゼントくれるの?」と聞かれたような気がします。

 

そこで私は、

 

「うちは契約していないからくれないよ」と答えました。

 

鬼ですね。

 

その後、絵本で色々読んだようで、小学校高学年になって、みんながそろそろ気付き始めた頃、息子さんは逆の発想になったようです。

 

「本当はサンタさんいるんじゃない?」と。

 

その発想は面白いなと思い、

 

「どうだろうね。」と軽くかわしました。

 

すると、5年生の時、サンタさんに手紙を書いたのです。

 

住所が分からないから郵便局の人に聞いてみるというので、ついて行って後ろから見ていると、本当に聞いていました。

 

そして、郵便局の人も、普通に答えていました。

 

住所があるのですね。びっくりです。3つくらいの中から選べました。

 

で、結局手紙の返事は来なかったのですが、諦めずに次の年もその次の年も送っていました。

 

そして、去年はとうとう気付いたようでした。中2になっていました。

 

去年は「お母さんは魔法使いではない」とも気付いたようで、色々気付きの年だったようです。

 

ゆっくりだけど確実に成長していますね。

 

変わった息子さんと、普通とはちょっと違う育児、結構気に入っています。

 

それはそれは大変な時もあったけど、今思うと楽しかったな。

 

息子さん、いつもありがとう。

 

そして、やっぱりお昼ごはんもいつものメニューで。

 

f:id:minimalist_kuu:20191224183547j:plain

 

今はケーキよりも柿が好き!

 

息子さんは、今日がイブだということも気付いていないようでした。

 

  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ   にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ