空の空日記

ミニマリスト主婦のひとりごと

感動するところは違いますが

昨日修理してもらったトイレが、

 

今朝、また壊れました。

 

若い頃の私なら、「ついてないな」とイラついたかもしれません。

 

最近は、イライラすることもあまりなく、こういう時にも、

 

「最近ついてたから、丁度いいわ」

 

と思うようになりました。

 

いい時もあれば、悪い時もあると分かりましたから。

 

f:id:minimalist_kuu:20190824180611j:plain

 

今日は、母を連れてドライブの予定でしたが、

 

疲れが出たようなので、近場で済ませることに。 

 

息子さんと母と三人で映画を観に行きました。 

 

ロケットマン

 

rocketman.jp

 

エルトン・ジョンが大好きな息子さん。

 

とても喜んでいましたが、母には不評でした。

 

でも、孫と映画だなんていい思い出ですよね。 

 

中学生の男の子には刺激的な内容もありましたが、

 

エルトン・ジョンについて二人で「あの曲は…」とか、「あの場面は…」とか盛り上がれたので、

 

こんな会話もできるようになったのか、と感慨深くなりました。

 

小さい時は聴覚過敏で、映画を観る時もイヤーマフで音を遮って観ていた息子さん。

 

母は普通に映画を観ている息子さんを見て感激していました。

 

感動のポイントはそれぞれですが、

 

子供の成長はどんなことでも嬉しいものですね。

 

  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村