空の空日記

ミニマリスト主婦のひとりごと

「見えているものが全て」と考える

f:id:minimalist_kuu:20190810090104j:plain

お散歩中に、父からLINEで、

 

「〇〇くんは、感じのいい中学生ですね」ときて、

 

孫バカだなと思いながら、足取りが軽くなった朝です。

 

f:id:minimalist_kuu:20190810090119j:plain

今朝はいつもと違うカップでコーヒーを飲みました。

 

母のイメージで買ったカップです。

 

一か月に一度は他のコーヒーカップも全て使うようにしています。

 

一か月も使われないと、邪気が溜まってしまいそうなので。

 

ついでに、月一の吊戸棚のお掃除。

 

f:id:minimalist_kuu:20190810092636j:plain

 

少し配置を変えました。

 

コーヒーカップだけにしてもいいかな。

 

来月の掃除の時に考えます。

 

息子さんは今頃何してるかしら、とつい考えてしまうのですが、

 

彼は小さい時から「見えないものはない」「見えているものが全て」という、少し人と違った感性があるので、

 

誰かがいなくて寂しいとか、何かがなくなって残念だと感じることがほぼありません。

 

見えないものへの執着は全くないのに、見えているものへの執着は人一倍激しいです。

 

普段は私にべったりだったのに、私が一週間入院した時、お見舞いには一度も来ず、ケロッとしていました。

 

旦那さんが半年単身赴任でいなくても、全くいつもと変わらずでした。

 

今回も寂しいのは私ばかりで、息子さんはおじいちゃんとおばあちゃんと楽しんでいるに違いありません。

 

私も気にせず楽しもう!

 

 今月は旅があと三つ控えているので、家にいる間にできるだけ掃除と「手放すもの探し」をしておこうと思います。

 

「見えているものが全て」と考えると、手放せるものもたくさんあるような気がしてきました。

 

さすが息子さん、参考になります。

 

親バカですみません。

 

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村