空の空日記

ミニマリスト主婦のひとりごと

息子さんの一人旅

やっといつもの日常に戻りました。

 

f:id:minimalist_kuu:20190809085111j:plain

五日ぶりの朝のお散歩はやっぱり楽しい。

 

東京では歩き回ったので、特に早朝のウォーキングはしませんでした。

 

ストレッチも体操もプランクもお休みしていたせいか、昨日、マッサージに行ったら体がひどい状態になっていたらしくて、一週間後にもう一度いくはめに。

 

やはり、いつも通りの生活が大切だと身に沁みました。

 

f:id:minimalist_kuu:20190809085128j:plain

東京で買ったシュガーバターサンド、季節限定のベリーズショコラ。

 

自分で東京に行ってもお土産は変わらずシュガーバターサンドです。

 

東京に行って私が買ったものといえば、お土産のシュガーバターサンドだけ。

 

どこに行ってもこんな感じです。

 

いつもの生活に戻ったようですが、いつもと全く違うことが起こっています。

 

それは、

 

息子さんが一人で旅立った!

 

今朝、私の実家に初めて一人で行きました。

 

思えば長かったここまでの道のり…

 

 息子さんが年中さんの時、この街に引っ越してきました。

 

その前は、海外に6年ほどいたので、赤ちゃんの頃はおじいちゃんとおばあちゃんと遊ぶこともなく過ぎてしまいました。

 

帰国してからは、親孝行も兼ねて、春夏秋冬と一年に4回毎年二人で帰省していました。

 

いつか息子さんが一人でおじいちゃんとおばあちゃんに会いに行けたらいいなと思い、毎回同じ時刻の新幹線の同じ車両に乗り、乗り継ぎで必ず同じトイレに行き、また同じ時刻の在来線の同じ車両に乗り、また同じ電車に乗り継いでと、7時間の全く同じ行程を何十回も繰り返してきました。

 

もう目を瞑っても行けるというくらいです。

 

そして、今日、満を持しての一人帰省。

 

息子さんを送り出してから、気が気ではなくて、書道をする気にもなれず、本を読んでも内容が入ってこなくて、横になっても落ち着かない、という状態だったので、ひたすら掃除と片付けに集中していました。

 

気を紛らすには掃除が一番です。

 

途中、我慢ならず、息子さんのキッズ携帯にショートメールを送ってみたのですが、返事がないので余計気になり、オロオロする始末。

 

ここはもっと子供のことを信頼して、どーんと構えていたいところですが、どうにも上手くいきません。

 

気になるときは、気になる人の場所を、お清めをするかの如く、徹底的に掃除をします。

 

以前、旦那さんの調子が悪い時、毎日毎日旦那さんの部屋を大掃除していました。毎日シーツも洗い、窓も天井も綺麗に拭いていました。まるで、清められた神社の様な状態でした。

 

そうすると、だんだんいいことが起こっていきました。

 

最近は、旦那さんはツキまくっているので、もう普通の掃除なのですが。

 

今日は、久しぶりに息子さんの部屋を大掃除。

 

息子さんの部屋は自分で掃除してくれていたのですが、雑巾がけはしていなかったので、ピカピカに磨きました。

 

そんなこんなで、そろそろつく時間だと思い、スマホの前で待機。

 

「着いたらすぐに電話ちょうだいね」と伝えていたので、ドキドキしながら待ちました。

 

きたっ!

 

「着いたよ」と明るい声の息子さん。

 

安心して腰が抜けそうでした。

 

「じゃあね」とすぐに切ったのですが、

 

嬉しいやら寂しいやらよく分からない複雑な心境です。

 

やはり、息子さんがいないといつもの生活は送れそうにありません。

 

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村