空の空日記

ミニマリスト主婦のひとりごと

どこでも同じ状態でいるということ

今日は、息子さんの中学校の懇談でした。

 

小学校の時から支援級に在籍しているので、先生との懇談はなんだか雑談みたいな感じです。

 

普通の中3だったら進路相談とかなのでしょうか。

 

家はそういう緊張感は全くなくのんびりしたものなので、そういう点では恵まれているなと思います。

 

今日も学校での様子を聞いたら、家と同じ感じなので安心しました。

 

小学生の時、一時期厳しい先生が担任で、学校で頑張りすぎていたせいか、家では大荒れの時期がありました。

 

最近はとても落ち着いているので、学校で荒れてはいないかと少し心配だったのですが、家と変わらずマイペースで、時々迷惑をかけているみたいでしたが、

 

「迷惑をかけてすみません。家でもそうなんです。」

 

と軽く謝る程度ですみました。

 

荒れていた息子さんを知っているだけに、家でも学校でも同じ状態でいるということがとても大切だとよく分かります。

 

学校で無理していい子でいると、どこかで調子が狂ってしまうのです。

 

私も息子さんを見習って、どこに行ってもマイペースで同じ状態でいられるようにしようと思いました。

 

私の場合は、ほぼ家だけなんですけどね。

 

さて、お昼に家に帰ってきた息子さん。

 

「今日のお昼ご飯何?」

 

「お蕎麦といなり寿司だよ。」

 

「やったー!」

 

といつもの会話をしています。

f:id:minimalist_kuu:20190729114011j:plain

夏休みになって、毎日これなのに、毎日聞いてきます。

 

そして、母は毎日アボカドカレーです。

f:id:minimalist_kuu:20190729113957j:plain

今日も美味しい!

 

ちょっと変わった親子かもしれません。

 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村