空の空日記

ミニマリスト主婦のひとりごと

【いつもの】息子さんからの誕生日プレゼント

息子さんが、

 「お母さん、誕生日プレゼント遅くなってもいい?」

 と聞いてきました。

私の誕生日は8月でまだ先なので、余裕があるのにどうしたのかと思ったら、

 「お小遣いで買いたいものがあるから」

 とのことでした。

 「それなら、豆大福でもいいよ」

 母の日に、いつも豆大福をくれるので、言ってみたのですが、

 「いや、絶対にハンカチを買う!」

 と言うので、

 「ありがとう。いつでもいいよ。」

 と言ったら安心したみたいでした。

 

息子さんが小学4年生の時から、私にくれる誕生日プレゼントはハンカチと決まっています。

それも、デパートのハンカチ売り場にある、シリーズもののタオルハンカチです。

もう去年で5枚になりました。

f:id:minimalist_kuu:20190715083428j:plain

去年は私の大好きな黄緑色のをくれて嬉しかったです。

ハンカチは2枚あれば十分なのですが、毎年くれるのでコレクションみたいになっています。

息子さん、いつもかわいいハンカチをありがとう!

 

夏休みになると、二人でデパートにハンカチを買いに行きます。

4年生の時は、一人で会計ができなかったので、近くで見守っていたのですが、だんだん離れていき、どんなハンカチを選んだのかも秘密になり、去年は私は別の売り場で待っていて、後で待ち合わせという感じになりました。

きちんとプレゼント用にリボンもつけてくれます。

一人で色々できるようになって、成長したなと思う瞬間です。

 

 4年生の時から、お小遣いをあげて、欲しいものは自分で買うようにしたのですが、息子さんは計算が苦手なのと、先のことを考えることができなかったので、もらうとすぐに全部使っていました。

 

中学生になって、お小遣い帳をつけるようになり、計画的に使えるようになり、今はこうして先のことまで考えて使えるようになっています。

 

息子さんは発達障害があってとてもゆっくりな成長なのですが、着実に成長しているんだなと感慨深くなりました。

 

いつも同じではつまらないという考えもありますが、同じ経験を何度も繰り返すことで少しずつ成長していくこともあると、いつも息子さんを見ていて思います。

 

今年はどんなハンカチをくれるのか、楽しみです。

 

もちろん、豆大福でもとっても嬉しいです。

  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村