空の空日記

ミニマリスト主婦のひとりごと

吊戸棚の掃除と、手放せると気付いたもの

 昨日、旦那さんがまた東京に出張でした。

 

「お土産は?」

 

「いつものでお願いします。」

 

で、買ってきてくれました。

 

f:id:minimalist_kuu:20190709080815j:plain

今回はオリジナルのシュガーバターサンドの木。

 

やっぱり美味しい!

 

今日も朝から幸せです。

 

旦那さん、いつもありがとう。

 

今日は、月一の掃除で、キッチンの一番右の吊戸棚の掃除をしました。

中はこんな感じです。

f:id:minimalist_kuu:20190709081247j:plain

上の方は出番が少なく、下はよく使う物です。 

 

 寿司桶は、家でパーティーをするようになって購入しました。

出番が少なかったのですが、夏の夕飯の献立に、ちらし寿司を入れたので、毎週使うようになりました。

やはり道具は時々使った方が気持ちがいいですね。 

 

お重は息子さんが小学生の時購入したもので、運動会やお花見、お客様が来た時のお菓子入れに使っていました。

 

中学生になってから、運動会で使うことも、お花見に行くこともなくなり、お気に入りなのに活躍する場が少なくなりました。

 

そこで、夕飯のちらし寿司をこのお重で出したら、家族に受けがよかったので、毎週使えるようになりました。

 

写真には写っていませんが、寿司桶の上に大皿を載せて収納しています。

f:id:minimalist_kuu:20190709093647j:plain

母にもらった大皿で、母が結婚した時に実家の蔵からもらってきたそうで、母の祖母の代からなので、100年はたっていると思います。

 

もちろん私の持ち物で一番古いです。

 

最近出番がないのですが、手放すわけにはいきません。

 

息子さんが受け継いでくれると言うので、大切にしようと思っています。

 

パーティーの時とか、夏はそうめんとか、秋の献立に手巻き寿司を入れて使おうかな。

 

持っているものはなるべく使いたいと思います。

 

なんだか物がいきいきしそうなので。

 

今、書いていて気付いたのですが、手放せるものがありました。

f:id:minimalist_kuu:20190709093703j:plain

風呂敷です。

お重を包むのに使っていました。

もう、運動会は普通のお弁当だし、お重を持ってお花見に行くこともないので、よく考えたら必要ない!

 

子供の成長と共に手放せるものが出てきますね。

 

f:id:minimalist_kuu:20190709093733j:plain

見た目はほとんど変わりませんが、気分はすっきりです。

 

こんなことに気付くなんて、ブログって面白いですね。

  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村