空の空日記

ミニマリスト主婦のひとりごと

手放したいのは食の執着

f:id:minimalist_kuu:20190531083939j:plain

 

捨て始めた頃は、

物の数とか質とか、統一感とか、一生ものとか、

ちょっと考えていたかもしれません。

 

最近はそんな感じではないかな。

 

服の数は少なめだけど、

大切なのは、清潔なことと着心地がいいこと。

プチプラでも、流行ってなくても、人から見たら似合ってなくても、

自分が着てて気分が良いならいいと思う。

数が少ないと、自然とそれなりの物を選ぶから、無理に頑張らなくても大丈夫。

 

部屋の中も、

統一感がなくても、お洒落じゃなくても、

大切なのは、清潔なことと居心地がいいこと。

綺麗な空気と光が一番のインテリアかな。

物が少ないと、毎日綺麗に掃除できるから、家の中がキラキラしている。

 

食事もこうだといいなと思います。

食いしん坊だったから、食の執着を手放すのは結構大変。

それでも捨て始めた頃に比べたら、かなり手放せてる気がします。

 物の断捨離と同じように、食の断捨離も、

 

「ゆっくりと大胆に」

 

がモットーです。

  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村